私はとてもシンプルで使いやすいテクニカル指標を使って、売買のルールを作っています。

私が使っているのは、テクニカル指標でも最もよく使われているMACDとスローストキャスティクスです。

FXのルール作成で私が重視したのは、
・シンプルに判断できる
・深い知識が必要ない
・今すぐ使える
ということです。
MACDは単純にMACDとシグナルの2つで、売買のシグナルを出してくれます。
MACDがシグナルを下から突き抜けたら「買い」のサイン。反対にMACDが上からシグナルを突き抜けたら「売り」のサイン。
これだけです。とても単純ですが、トレンドの方向性を知るのにすぐれたテクニカル指標です。

ただ、トレンドの出にくい相場では、売買のサインが出にくい傾向があります。トレンドとは、値が上がり続けるなどの一方的な相場の動向を言います。

このMACDの欠点を補うために、スローストキャスティクスも併用しています。

スローストキャスティクスは、「%D」「Slow%D」の2本の線を利用し売買のサインを出し、「買われ過ぎゾーン」と「売られ過ぎゾーン」も示してくれます。
買われ過ぎゾーンで「%D」が「Slow%D」を上から突き抜けたら「売り」のサイン、売られ過ぎゾーンで「%D」が「Slow%D」を下から突き抜けたら「買い」のサイン、を表します。

スローストキャスティクスは、トレンドの出にくい相場で威力を発揮します。

私はMACDとストキャスが両方とも買いを示したら買う、売りを示したら売る。これをルールとしています。

そんな単純なことでいいの?と疑問を持たれるでしょうが、実際に過去の相場のチャートを見てみると、あなたもとても有効な方法と感じるでしょう。

他にも有名な指標としては、ろうそく足やボリンジャーバンドなどがあります。移動平均線などもよく使われています。あなたがMACDやスローストキャスティクスより使いやすいと感じたら、そちらを使っていかれればいいのです。

高度なテクニカル指標もたくさんありますが、まずはシンプルで使いやすい物を組み合わせて使っていくことをお勧めします。